追蹤
あすは雨ですか
關於部落格
天馬行空的言語~ 漫天飛翔的思維~ 
  • 46061

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

【わたしの失敗】映画監督・森田芳光さん(57)

 「これで一気に監督デビューしたりして、なんて考えていたけど、たった一言でがらがら崩れた」と振り返る。

 昭和53年、東京・新橋の映画会社試写室。この日、森田が持参した作品は、ちまたで話題を呼んだ8ミリフィルムの自主映画作品「ライブイン茅ヶ崎」。神奈川県茅ケ崎市を舞台に、農家の息子たちと都会の娘の日常風景をスケッチした作品で、各方面から絶賛されていた。人気作家、片岡義男が強く推したことなどから、評判は重鎮の元に届き、「作品を見てみたい」と声がかかったのだが…。

 「まずは(劇場公開用の)35ミリフィルムで1本撮ってみなさい」

 重鎮はそうも言ってくれたが、30歳手前で撮影現場を経験していない青年が、映画監督を目指す道はないに等しい。しかし、この一言は「劇場の支配人か、結婚式場のカメラマンにでもなろうと考えていた」という森田を大きく揺さぶった。

 「自分の力で、一から映画を作ってやる」

                   ◇

 森田は動き出した。あちこちを駆け回り、3000万円を工面した。チャンスは一度きり。この作品で、自分の持てるすべてを出さなければ、後はない。自分の好きな落語の世界を舞台にした作品「の・ようなもの」の脚本を完成させた。真打ちを目指す落語家の志ん魚(しんとと)とその仲間、風俗嬢のエリザベスらが登場する青春群像劇だ。

 素人に過ぎない森田が、渋谷に事務所も用意した。「ぼくの家で出演交渉をしても、信用されない。形が大切」という考えからだった。その事務所で、ギャラの交渉までも一人で行い、エリザベス役の秋吉久美子ら出演者を次々と口説き落とした。素人に近い青年が監督とプロデューサー業の両方をこなした。

 「何も知らないからできた。今やれっていわれても無理ですよ」

 やがて、東京・日暮里で、森田は念願の35ミリ作品撮影初日を迎えた。坂道を主役の志ん魚(伊藤克信)が降りてくる。

 「興奮してたのかな。演技に見入って『カット』の一言をかけるのを忘れた」。伊藤は仕方なく、どこまでもどこまでも坂を下っていった。

 専門的な訓練を受けていない森田は、映画の現場にとまどった。35ミリ用のカメラと照明は大きくて重く、8ミリのように即興的に動くことができない。「そこ“わらって(片づけて)”」といった業界用語もまったく分からない。それでもベテランのスタッフたちは親切だった。

 「当時はまるで経験のないぼくみたいな映画監督は存在しなかった。やることなすこと、みんな面白がってたんじゃないかな」

 56年9月、映画は完成し、東京・渋谷の東急名画座での公開を迎える。

 森田の脳裏に今も強く焼き付いている光景がある。公開日の前夜、名画座が入る東急文化会館に垂れ幕がかかった。タイトル「の・ようなもの」と、「森田芳光監督」の巨大な文字がひるがえっている。

 「観客としてさんざん通った名画座に、ぼくの作品がかかる。うそみたいだと思ったよ」。森田は垂れ幕をいつまでも眺めていた。=敬称略(文・岡本耕治)

                    ◇

【プロフィル】森田芳光

 もりた・よしみつ 昭和25年、東京都出身。日大芸術学部放送学科卒。東京・飯田橋の劇場アルバイトを経て、56年「の・ようなもの」で監督デビューし、その後、「家族ゲーム」「それから」「(ハル)」「失楽園」「黒い家」など、幅広いジャンルで常に時代を先取りした作品を次々と発表し、話題を集めてきた。今後も10月6日公開の「サウスバウンド」や黒澤明監督作品のリメーク「椿三十郎」などの公開が控えている。

 ■松田優作をピストル!?

 昭和57年、「家族ゲーム」の撮影現場で、監督の森田芳光は、主演の松田優作に歩み寄った。

 「何ですか、そのしゃべり方。ショーケン(萩原健一)のマネじゃないですか」

 騒がしかった現場が静まりかえった。松田は気が短く、あちこちで殴打事件を起こしていた男だ。スタッフたちは思わず顔をそむけた。

 しかし、松田は「おお、悪かった。確かにショーケンみたいだな」と苦笑し、幾通りかのしゃべり方を試してみせた。「どうなってるんだ」とスタッフたちはざわめいた。

 「優作はそんなことを言われたのは初めてだったんでしょう。ぼくのことを面白がっていた」

 「家族ゲーム」は、高校受験生の息子を抱える一家に、奇妙な家庭教師、吉本が現れ、日常をかき乱していく-というシュールな笑いに満ちた作品だ。松田は演出の意図を完璧(かんぺき)に理解し、謎の家庭教師・吉本を魅力的に演じた。作品はキネマ旬報ベストテンの1位に輝くなど、数々の賞を受賞し、高く評価された。

 「あれほど息の合った俳優は他にはいない。これまでなかった映画が撮れたと思った」と森田は振り返る。

 ほとんど言い争ったことがない2人だが、一度だけ一触即発の事態を迎えたことがある。

 60年ごろ、都内の事務所で2人は次回作をめぐって意見が対立した。売り言葉に買い言葉で2人のやりとりが激しくなる。

 「お前、表に出ろよ」

 顔に怒気をみなぎらせて詰め寄る松田に、身の危険を感じた森田は言い返した。

 「お前なんかピストルで撃ち殺してやる!」

 松田は絶句し、やがて肩を振るわせて笑い始めた。

 その後、2人は2作目となる夏目漱石原作の文芸作品「それから」でもきわめて高い評価を得る。

 「ぼくと優作はすごい。組めば必ず傑作を作れる。50歳でこんな作品、60歳ではこう、と、はるか先まで予定を思い描いていたんだ」

 平成元年の11月。旅行先から帰宅した森田は、留守番電話のメッセージで松田が39歳の若さで死去したことを知る。

 「ぼくはチームのエースを失ってしまった。ショックだった」

 優作がいれば…。森田は今でもふと思うことがある。 =敬称略(岡本耕治)
 

 ■非難の嵐“黒澤シンザン発言”

 「ぼくは日本のスピルバーグ」「この作品にはぼくだけでなく、日本映画の将来がかかっている」-。思ったことをためらうことなく言葉にして、周囲をとまどわせることが多い。

 平成9年に公開された「失楽園」のヒットを受けて行われたインタビューでは「今回のヒットでわかったのは、ぼくのように優秀な監督に、きちんとした企画と制作費さえ渡せば、絶対に成功するんだってことですよ。この事実を日本映画界は思い知るべきだ」と豪語し、インタビュアーを絶句させた。

 森田は「そんなこと言ったっけ」と苦笑しつつ、言葉の背景をこう解釈する。

 「プロデューサーが監督ではなく、役者ばかりを見るようになった。でも、映画はやっぱり監督なんだよ。彼らは、自分の言うことを聞きそうな、経済的・精神的に弱い者ばかり監督に起用して、ひどい作品ばかりを作る。そうした現状に一言いいたかったんだろうね」

 大きな口をききながらも、「家族ゲーム」「それから」「(ハル)」「失楽園」「39 刑法第三十九条」「間宮兄弟」と確実に話題をさらう作品を作ってきただけに、周囲も森田の言動を楽しんでいる節がある。

 しかし、「舌禍」に近い出来事もあった。

 昭和60年公開の「それから」でブルーリボン賞スタッフ賞を受賞した際、感想を求められた森田は「黒澤明監督が戦後初のクラシック三冠馬・シンザンなら、ぼくは皇帝・シンボリルドルフ。クロサワを超えるのはぼくしかいないだろう」と発言。「いったい何様のつもりだ!」と各方面から猛烈な非難を浴びた。

 「競走馬に例えたのはまずかった。そりゃあもう、さんざんたたかれました」と頭をかく。

 “大言壮語”は世間へのサービス? それとも自分を追い込んで実力以上のものを引き出すための戦略? 深読みして聞いてみると「いや、そんなことは考えてません。毎回、本気でそう思って言ってるんですよ」。けろりとしている。

 “黒澤シンザン発言”についても「自分の中でも最大の失言」としながら、いまだに心の片隅でこう思う。「映画監督ってのは、それくらい自信に満ちてた方がいいんですよ」と。=敬称略(文 岡本耕治)


「サウスバウンド」撮影中の豊川(左)と森田

 ■4年間、競馬漬け

 「ギャンブルライターにでもなろうかな、と思ってた」

 平成4年の「未来の想い出 Last Christmas」を撮り終えたころ、森田芳光は閉塞(へいそく)感を覚えていた。興行成績は振るわず、作品の評価も芳しくない。

 「当時の作品で自分として満足できたのは、『そろばんずく』だけ。あとはあまりに中途半端だった」

 何のために映画をつくるのか…。答えを見失い、趣味の競馬にのめり込んだ。全国の地方競馬を回り、映画の本は一度も出版していないのに、競馬の本は2冊も出した。

 映画を一本も撮らないまま、あっという間に4年が過ぎた。世間は森田の名を少しずつ忘れようとしていた。

 そんなとき、あるレースで大穴を当て、七十数万円勝った。その金で当時はまだめずらしかったパソコンを買い、競馬情報を引き出そうと「パソコン通信」と呼ばれるものに手を出した。そこには、一度も会ったことがない者同士が、文字と記号だけで交流する世界があった。

 パソコン通信を介して出会う男女を描いた異色のラブストーリー「(ハル)」の脚本を、一気に書き上げた。

 「結局、自分が観客として楽しめる作品を作っていくしかない。それが分かった」

 画面に、チャットの会話文が浮かぶ。東京と青森に住む、顔も知らない男女の心が少しずつ近づいていく様子が魅力的に描かれた。そして、2人が初めて対面するラストシーン-。まだ電子メールもインターネットも一般に知られていない時期に、ネット社会の到来を正確に言い当てた。森田は「世界で一番早いインターネット映画をつくった」と胸を張る。

 その後、中年の男女を覆う、どうしようもない寂しさを描いた「失楽園」や、向田邦子原作の「阿修羅のごとく」とさまざまなジャンルの作品に挑み、話題を集めた。

 6日公開の「サウスバウンド」(奥田英朗原作)は、元過激派であきれるほど常識のない父(豊川悦司)に振り回される一家の騒動を描いたコミカルな物語。

 「今度のねらいは子供。森田は子供を笑わせる映画が作れるのか。そこに注目してほしい」

 もちろん自信満々だ。=敬称略(岡本耕治)

 =おわり
 
 
 
轉載自:http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/071002/tnr0710020408001-n1.htm

相簿設定
標籤設定
相簿狀態